仙台での最新の法改正に関する情報

2016年01月:平成28年度の年金額より端数処理が変わります。

平成28年度の年金額より端数処理が変わります。

平成 28 年度の年金額は、物価・賃金によるスライドは行われず、昨年度から据え置きとなります。

ただし、被用者年金一元化法により端数処理が変更になったため、平成 28 年4月分の改定から、月額で数円の増減が生じることになります。

なお、変更となるのは、4月分の年金が支払われる6月からとなります。

※ 平成27年10月に施行された「被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律(平成24年法律第63号)」により、年金額(年額)の端数処理がそれまでの100円未満四捨五入から、1円未満四捨五入に改められました。

これにより、年金額に年額50円以下(月額4円以下)の増減が生じます。

なお、平成 28 年度の国民年金保険料額は 平成27年度から670円引き上げられ、16,260 円(月額)となります。

一覧に戻る

初めての社長さま&企業さま限定!
無料相談(60分)受付中!

労務管理・助成金・就業規則・社会保険の手続き・・・
弁護士?社労士?税理士?行政書士?
誰に相談して良いか解らない時ってありますよね?
A.I.Linksは、社長さんのすべてのご相談の
最初の窓口になっちゃいます。
社労士の業務とは関係ないかも?とお思いの時でも、
まずはお気軽にお電話ください!

お約束!
しつこい折り返しの営業電話等はいっさいしません!
ご安心ください。