仙台での最新の法改正に関する情報

2018年05月:雇用保険手続時のマイナンバーの届出強化。

雇用保険手続時のマイナンバーの届出強化。
2018.5月より雇用保険手続きの際のマイナンバーの届出が厳格化され、マイナンバーの記載・添付がない場合は書類を受け付けてもらえなくなります。

マイナンバーの記載が必要な届出は以下のものです。

雇用保険被保険者資格取得届
雇用保険費帆k年社資格喪失届
高年齢雇用継続給付支給申請(初回)
育児休業給付支給申請(初回)
介護休業給付支給申請
これらは、届出の都度、マイナンバーの記載が必要になりますが、すでにマイナンバーを届け出ている場合は、届出書等の欄外等に「マイナンバー届出済」と記載をすることにより記載の省略が可能となります。

また、マイナンバーの記載欄がない下記の届出については、「個人番号登録・変更届」の添付が必要となります。ただし、すでに届出が出ている場合は添付は不要です。

雇用保険被保険者転勤届
雇用継続交流採用終了届
高年齢雇用継続給付支給申請(2回目以降)
育児休業給付支給申請(2回目以降)
2018.4

一覧に戻る

初めての社長さま&企業さま限定!
無料相談(60分)受付中!

労務管理・助成金・就業規則・社会保険の手続き・・・
弁護士?社労士?税理士?行政書士?
誰に相談して良いか解らない時ってありますよね?
A.I.Linksは、社長さんのすべてのご相談の
最初の窓口になっちゃいます。
社労士の業務とは関係ないかも?とお思いの時でも、
まずはお気軽にお電話ください!

お約束!
しつこい折り返しの営業電話等はいっさいしません!
ご安心ください。