仙台での最新の法改正に関する情報

2019年12月:在職老齢年金の減額基準は現状維持へ。

在職老齢年金の減額基準は現状維持へ。

厚生労働省より在職老齢年金の制度見直し(減額基準の引上げ)案が提示されていましたが、現行の減額基準に据え置かれる方向で最終調整がなされています。

現行では、60歳代前半は年金と給与の月額が28万円を超えた場合に年金額が減額され、60歳代後半においては、年金と給与の月額が47万円を超える場合に年金額が減額されることとなっており、高齢者の就労意欲意欲を阻害するのではないかということで在職老齢年金の制度の見直しが提示されています。

第14回社会保障審議会年金部会資料
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000565932.pdf

2019.12

一覧に戻る

初めての社長さま&企業さま限定!
無料相談(60分)受付中!

労務管理・助成金・就業規則・社会保険の手続き・・・
弁護士?社労士?税理士?行政書士?
誰に相談して良いか解らない時ってありますよね?
A.I.Linksは、社長さんのすべてのご相談の
最初の窓口になっちゃいます。
社労士の業務とは関係ないかも?とお思いの時でも、
まずはお気軽にお電話ください!

お約束!
しつこい折り返しの営業電話等はいっさいしません!
ご安心ください。