仙台での最新の法改正に関する情報

2020年01月:派遣労働者の同一労働同一賃金。

派遣労働者の同一労働同一賃金。
働き方改革関連法による改正労働者派遣法により、派遣元事業主は、
1「派遣先均等・均衡方式」(派遣先の通常の労働者との均等・均衡待遇の確保)、
2「労使協定方式」(一定の要件を満たす労使協定による待遇の確保)
のいずれかの待遇決定方式により派遣労働者の待遇を確保することとされ、令和2年4月1日に施行されます。
このうち、2「労使協定方式」については、「同種の業務に従事する一般労働者の賃金」と同等以上であることが要件となっています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000077386_00001.html
労使協定方式は遅くても3月までに締結する必要があり、対応が迫られている状況かと思います。ただ、内容が複雑になっているため、対応に苦慮する会社が多いようです。事前に相談し後手にならない対応を行うことが必要かと思います。

一覧に戻る

初めての社長さま&企業さま限定!
無料相談(60分)受付中!

労務管理・助成金・就業規則・社会保険の手続き・・・
弁護士?社労士?税理士?行政書士?
誰に相談して良いか解らない時ってありますよね?
A.I.Linksは、社長さんのすべてのご相談の
最初の窓口になっちゃいます。
社労士の業務とは関係ないかも?とお思いの時でも、
まずはお気軽にお電話ください!

お約束!
しつこい折り返しの営業電話等はいっさいしません!
ご安心ください。